電解水素水は作れる!自宅で作る水素水 電気水素水は作れる!自宅で作る水素水!

電解水素水を自宅で作るための方法

整水器と電解水素水がある生活

もし、電解水素水を日常生活に取り入れたいならば、通販での購入よりも自分で電解水素水を作ったほうが便利です。整水器や生成器はお手頃価格で購入できるようになっており、自宅で簡単に電解水素水を作ることができます。

水素水の作り方

コップと水

水素水を作ると一口で言っても、水素水には様々な作り方があります。ここではそんな作り方について紹介していきます。

電気分解方式

電解水素水を作るためには、電気分解方式によって水素水を作るしかありません。具体的な方法を説明しますと、電解水素水の生成器を用いてつくります。特徴としては、水素の粒子が小さく活性酸素を吸着しやすい性質があるので最も飲料に適しているということです。また、生成器には様々なタイプがあるのでライフスタイルに合わせやすいというのも特徴の一つです。ちなみに、水素水浄水器や、電解水素水整水器などの名称で呼ばれていることもあります。

化学反応方式

こちらは、電圧ではなく化学反応を用いて水素水を作る方法です。といっても複雑なことをする必要はなく、マグネシウムのスティックを水と一緒にペットボトルに入れるだけです。そうすることにより、化学反応で水素が発生し、水が水素水へと変わります。特徴としては、マグネシウムのスティックは何回でも使える上にスティック一本につき数ヶ月間は効果があるため、コストパフォーマンスが極めて高いのがメリットです。

水素ガス充填方式

専用の生成キットを用いて作る水素水です。専用のボトルに水と水素発生剤を入れ、水素ガスを水の中に溶け込ませて水素水を作ります。水素ガス充填方式で水素水を作るメリットは、水素濃度をある程度自由に調節できるということです。そのため、超高濃度の水素水を作ることもできます。しかし、水素水の濃度は別に高ければ高いほどよいというわけではなく、適量の濃度で十分ですので、必要以上に水素発生剤を投入する必要性はありません。

電解水素水は機械で作る

水

生成器でどのように電解水素水を作るのか具体的に説明しましょう。まず、水に電圧を加え、「水素イオン」と「水酸化イオン」に分解します。この水素イオンが電解水素水になります。この電気分解を行う生成器には、直接電気を分解して水素水を作るものと、水素イオン発生用に別の水を分解して他の水に水素イオンを溶け込ませるタイプのものがあります。前者は水の種類を自由に選べるというメリットがあり、後者の場合はスープやコーヒーなどにも水素イオンを溶け込ませることができます。

水素水生成器の種類と特徴

水の容器

水素水サーバー

最もポピュラーなものが、水素水サーバーです。据え置き型や水道直結型、そしてウォーターサーバー型があり、家庭に一台あれば誰でも気軽に利用できる機種です。濃度も一定であり、蛇口をひねればすぐに飲めるような手軽さなので家族全員で水素水を飲むのならサーバータイプがおすすめできます。なお、コストには差があり、3万円程度で使用できるものもあれば50万ほどかかるタイプもあります。そのため、家計と相談しやすいというのも強みの一つといえます。

水道水

水道直結タイプ

水道直結タイプは、水道と直結しているのですぐに水素水を飲むことができます。また、飲み水以外にも料理や洗顔などにも利用しやすいのがメリットです。また、もう一つのメリットとしては濾過機能もついているので水道水についているカルキ臭や味を良くすることができます。サーバータイプよりも応用がきき、使い勝手が良いですがその分コストがかかり、安くても設置料込みで10万円ほどかかります。

水筒

携帯型生成器

タンブラータイプの生成器です。前に紹介した2つに比較すると水素水を作る時間がかかり、すぐに飲めるというわけではありませんが、持ち運びができ、ペットボトルのミネラルウォーターも水素水に変えることが出来るのが強みです。そのため、バッテリーと水さえあれば水素水をどこでも飲むことができます。コストも前2つに比べれば遥かに安く、数千円で購入することができます。しかし、機種によっては水素水が出来るまでに時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

ph値は高ければいいわけではない~最適なph値を知ろう~

そもそもphってなんだっけ?

検査

水素水を調べているとph値という単語を目にすることが多いと思われます。ph値とは水素イオンの濃度のことです。0~14の14段階で表され、高ければ高いほど水素イオンの濃度は高いとされています。なお、水素イオン濃度は高ければ高いほど良いというわけではなく、胃腸に良いph値は9.5とされています。

体液にも様々なph値がある!体に合わせた水素水

検査官

汗や血液、母乳など、人の体液のph値はそれぞれ異なります。中でも尿に関しては注意しなければなりません。ph値が4.5に近い場合、尿路結石が出来る可能性が極めて高いからです。そのため、健康診断などで尿酸値が高かった場合は水素水を飲んで体を酸性からアルカリ性へ近づけましょう。

マイナス電位をキープ~電解水素水の酸化を防ぐ~

酸化還元電位とは

酸化還元電位とは水中の中にどれほど水素が含まれているのかの目安です。一般的な基準として、+250mV以上だと酸化状態であり、+250mV以下だと還元状態ということになります。そのため、体の酸化状態を防ぐためには+250mV以下の飲み物を飲む必要があります。ちなみに、水道水は600mVであり、純水でも250mVとなっています。つまり、水素水以外の飲水はほとんど体を酸化状態にしてしまうということです。

測定方法と適切な保ち方

水素水の酸化還元電位はメーカーにもよりますが、およそ-400~-500mVの酸化還元電位を誇ります。しかし、水素は酸素に触れるごとに消えていってしまうので、時間が経つごとに酸化還元電位は増加していきます。大体の目安として空気に触れて1時間ほどで半減し、8時間も経てばほぼ従来の水と大差なくなってしまいます。解決策としては、素早く飲みきるか、容器の栓をきつくすることで酸化還元電位の増加量を減らすことができます。